自然に囲まれて育った子のほうが精神疾患にかかりにくいことが明らかに

94万人超の子どもについて分析

自然に囲まれて育った子どもは、緑が少ない地域で育った子と比べると後にさまざまな精神疾患にかかるリスクが最大で55%低いことがこのほど行われた調査で明らかになった。

デンマークのオーフス大学が行なった調査で、結果は米国科学アカデミーの機関誌「米国科学アカデミー紀要」(PNAS)に発表された。研究チームは、自然に囲まれた子の方が精神疾患を発病するリスクが低い原因ははっきりしていないとしつつ、心の健康を保ち精神疾患を減らすには、都市計画に自然環境を取り入れることが重要だと指摘している。

調査は、1985〜2003年の間にデンマークで生まれ、10歳の誕生日の時点で同国に住んでいた人のうち、長期的な心の健康状態、社会経済的な立場、居住地のデータが分かる94万3027人を対象に分析した。また、居住地の自然環境を判断する際には、1985〜2013年の間に撮影された高画質の衛星画像データを使用した。

なお、デンマークは日本でいうところの「マイナンバー」のような制度があり、国民の性別、生まれた場所、健康状態、社会経済的な立場などについて常に最新の情報が分かるようになっている。今回は、調査対象になった当人だけでなく、親や姉妹兄弟の精神疾患に関する全データを入手したという。

都市計画に緑を取り入れよう

調査の対象となった人たちについて、誕生から10歳になるまでの居住地と自然環境を分析した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)