韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

中国は過去に世界最大規模の人工降雨実験を行なったとされている。具体的なデータは公表していない。2019年1月に韓国気象庁の国立気象科学院と環境部の国立環境科学院が行なった実験でも雨や雪が降る様子は観測されず、人工降雨でPMの低減効果が確認された事例はない。

これまで韓国では問題が起こるたびに、国民は政府に対策を強要してきたが、非常低減措置の発令を繰り返すだけの政府に頼る時間的な余裕はない。対応するマスクや空気清浄機に加えて、防毒マスクを買う人も増えている。非常低減措置が発令された3月1日から3日にかけて空気清浄機の販売数は前年比で171%増加し、防毒マスクの販売量も前年同期比82%増となっている。


佐々木和義

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)