イタリア、ウクライナ、グアテマラ......お笑い芸人が政治を支配する日

<既成政治にうんざりした有権者は、閉塞感を笑いで吹き飛ばしてくれるテレビでおなじみの人気者に期待を託す>

リーダーになるには、リーダーのように振る舞え。この格言を地で行くような人物がいる。ウクライナのテレビドラマ『国民の公僕』で主役の高校教師を演じたコメディアンのウォロディミル・ゼレンスキーだ。

ドラマの中では、政府の腐敗をこき下ろす動画がネット上で拡散したことがきっかけで、この教師は政界に進出し、ついには大統領に上り詰める。

そして、実生活でのゼレンスキーは3月末に投票が行われるウクライナの本物の大統領選に、その名も「国民の公僕」党から出馬。混戦の選挙戦で堂々と有力候補の仲間入りをしている。

彼だけではない。世界各地でコメディアンが次々に政界入りを目指し、既に政府の要職に就いているケースも少なくない。

スロベニアでは昨年8月、コメディアン出身のマリヤン・シャレツが首相に就任。グアテマラのジミー・モラレス大統領もコメディー俳優からの転身組だ。アイスランドのスタンダップコメディアン、ヨン・ナールは14年まで首都レイキャビクの市長を務めていた。

イタリアのコメディアン、ベッペ・グリッロが仲間と結成した政党「五つ星運動」は昨年3月の総選挙で大躍進し、右派「同盟」と連立政権を樹立した。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)