イタリア、ウクライナ、グアテマラ......お笑い芸人が政治を支配する日



世界中でポピュリズムの嵐が吹き荒れるなかで、コメディアンが続々と政界に打って出る理由は容易に推測できる。

彼らは右だろうが左だろうが、既成政治家の価値観や権威を笑い飛ばす。モラレスの大統領選でのスローガンは「腐敗政治家でも泥棒でもない」だ。汚職にまみれた歴代の政権にうんざりしている有権者には、この皮肉な言い回しが受けた。

ウクライナの「国民の公僕」党も、政治家と政権をコケにして圧倒的な支持をつかんでいる。スロベニアのシャレツも芸人時代に指導者たちの滑稽な物まねをして人気を得た。

トンデモ公約が受ける

PR会社エデルマンの最新の信頼度調査によれば、自国の政府またはメディアに対する人々の信頼度は調査対象の26カ国・地域の平均で47%にすぎなかった。政府を信じられなくなった有権者も、反権威を自任するコメディアンには耳を貸す。

心理学的に見ても、お笑い芸人は大衆に好かれやすい。技術の進歩で経済が大きく変わりつつある今、混乱が広がり、人々は不安に駆られている。そんな時代には、閉塞感を笑いで吹き飛ばし、バラ色の未来を約束する候補者が大衆の心をつかむ。

08年のアイスランドの金融危機後にナールが有権者の支持を得たのも、ずけずけと無遠慮な物言いや芸人らしい軽いトーンのおかげだ。

関連記事(外部サイト)