韓国と日本、政治と観光は別──両国を行き来する人々は増加中

<日韓関係は悪化しているが、2018年11月から19年1月までの3か月間に、両国を行き来している人々の数は増えていることがわかった>

日韓関係が悪化している一方、観光客が活発に両国を行き来している実態が明らかになった。2018年11月から19年1月までの3か月間に韓国に入国した日本人は前年より32.9%多い77万9000人で、訪韓外国人全体の増加率は21.9%で日本人観光客が全体を押し上げている。また、日本政府観光局(JNTO)の推計データによる3か月間の訪日韓国人も204万9000人と外国人全体の26.4%を占めており、高い水準が続いている。

日本と韓国の観光交流は衰える気配がなく、政治と観光は別と考える風潮が広がっていると韓国のマスコミは伝えている(聯合ニュース)。

日本と韓国は良好な関係にある?

東京とソウルを結ぶ航空路線は週222便。日本全国の空港を発着する国際線5174便のうち、4分の1近い1224便が日韓線だ。国際線の過半が韓国便という地方空港やなかには国際線は日韓路線のみという空港もある。羽田空港と成田空港の発着数が週200便を超える路線はソウルしかなく、こうした状況は第三国の人からすると、日本と韓国は良好な関係にあると映るという。

そもそも韓国人の訪日旅行ブームは日本食や日本酒の認知が広がった2010年にはじまっている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)