ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術はこうして生まれた

そこで彼は「10分間、本当に身を入れて勉強をすることができるか」と自らに問い掛け、時間を測るのにトマト型のキッチンタイマーを使うことにしたというわけだ。



時間を区切って勉強する――「ただそれだけ?」と思われるかもしれない。

だが、限られた時間でタスクを終えた充実感と、時間内でやり遂げなくてはいけないという集中力の虜(とりこ)になったことが、シリロがその経験をポモドーロ・テクニックとして洗練させていくきっかけになった。

その後、勉強、後に仕事の能率を高めることに打ち込んだシリロは、「1ポモドーロ」の適切な長さ(今でこそ1ポモドーロの単位は25分だが、最初に試したのは2分だったという)と休憩時間、持続可能な回数などを研究し続け、人間にとって最大限の生産性と効率性を引き出せる時間が「25分+5分」であることを突き止める。

それが集中力や意識を向上し、モチベーションを高め、粘り強さにつながり、結果として生産性の向上になるとして世界中で支持を得ているのだ。

そのポモドーロ・テクニックだが、具体的な手順は以下の6つのステップから成る。

ステップ1:実行するタスクを決める。ステップ2:タイマーを25分に設定。ステップ3:タイマーが鳴るまでタスクを行う。

関連記事(外部サイト)