ベゾス離婚調停成立 夫人は約4兆円の資産家に

<Amazonのジェフ・ベゾス氏の離婚調停が成立。これにより妻のマッケンジーさんはAmazon株の4%を取得。資産は約350億ドル(約3兆9000億円)となる>

世界一の富豪(Forbesの番付)、Amazonのジェフ・ベゾス氏の離婚調停が成立した。Amazonが米証券取引員会(SEC)に提出した文書によると、ベゾス夫妻は4月4日に離婚を申し立てており、約90日後には完了する見込みだ。

ベゾス氏はアマゾンの筆頭株主にとどまる

ベゾス氏はAmazonの株式の約16%を保有する筆頭株主だが、夫妻が住むワシントン州では結婚期間中に取得した資産は共有財産とみなされ、離婚時には基本的に折半することが義務付けられている。そのため、離婚に伴う財産分与の行方に注目が集まっていた。

SEC文書によると、マッケンジーさんはAmazon株の4%を取得する。同氏は4日、自身のTwitterアカウントで、ベゾス氏が保有するAmazon株の25%を獲得するが、その株式の議決権は夫のサポートのために提供するとツイートした。マッケンジーさんが株式を公開市場で売却しない限り、ベゾス氏は議決権を維持できる。

pic.twitter.com/OJWn3OOLS6— MacKenzie Bezos (@mackenziebezos) 2019年4月4日


マッケンジーさんは、「ジェフが素晴らしい会社の発展のためにこれからも尽力できるようにするため」の、この決定を喜んでいるという。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)