中国で"黄帝祭典"盛大に行われるもネット無反応 若者「歴史の捏造のようなもの」

記事まとめ

  • 中国で愛国主義教育の一環である黄帝祭典が中央政府の主催により盛大に行われた
  • 華々しい動画や静止画面の写真付き解説などが掲載も、ネット民は無反応
  • ある若者によると関心を持つ人はおらず、新年号「令和」に燃える人はいるとのこと

中国で「黄帝祭典」盛大に行うもネット民は無反応――「令和」との違い

あちこちのサイトで、こんなことをずっと「堪能」しているようにさえ見える。



流暢な日本語を交えた「好看視頻」などは、画面上にある文字が繁体字であることから、台湾の動画を切り取って大陸のサイトに貼り付けたものだろう。いやに親日的だ。それを許すほど、「令和」に関してなら、けなそうと褒めようと、全く自由だということかもしれない。

4月4日付のコラム<「令和」に関して炎上する中国ネット>で触れた、4月1日と2日の間に炎上した「令和」の典拠に関する議論は、今ではすっかり落ち着いてしまって、「黄帝祭典」に対する冷たい反応と好対照を成している。

もっとも、4月5日か6日頃だったかに、次のようなやや長いコメントがあった。

――本歌取りと言っても、何もあそこまで類似形が明確な張衡の「帰田賦」から取ったものを採用する必要はなかったのではないか。それを以て「漢籍からではなく日本の国書を典拠とした」などと仰々しく区別して強調するから、漢民族としては黙っていられずナショナリズムを刺激してしまったのだ。そうでなかったら、日本は中国から伝来した文化を完全に消化して、まさに日本独自の文化を創りあげてきている。それを使うなら日本独自の典拠と言われても納得するが、令和が典拠とした万葉集のあの個所は漢詩そのものだ。

関連記事(外部サイト)