フェイスブックは「病的な嘘つき」──ニュージーランド当局

<クライストチャーチの銃乱射ライブ配信のような悲劇にも責任を取ろうとしないフェイスブックに、世界の規制当局は怒りを抑えられなくなっている>

ニュージーランドのプライバシー・コミッショナー(プライバシー監督機関の長)は4月7日、フェイスブックを非難する一連のツイートを投稿し、フェイスブックは「大虐殺」に手を貸していると糾弾した。

コミッショナーのジョン・エドワーズは、ツイッター投稿のひとつで、「フェイスブックは信頼できない。倫理的に破綻した、病的な嘘つきだ。彼らは(ミャンマーで起きている)ロヒンギャ大虐殺に手を貸している。外国が民主制度を覆そうとするのを手助けしている」と書いた。これらのツイートはその後、削除された。

「(フェイスブックは)自殺や性的暴行、殺人がライブ配信されるのを看過し、(ニュージーランドのクライストチャーチで起きた)モスク銃乱射事件の動画をそのまま流し続け、『反ユダヤ主義者』など憎悪に満ちた人々をターゲットにした広告を掲載している。そして、いかなるコンテンツや危害に対しても責任を取ることを拒んでいる」とエドワーズは続けた。

エドワーズはその後、一連のツイートは削除したと報告した。削除の理由として「有害かつ誤解に満ちたコメントが大量に寄せられたから」と述べ、4月8日にラジオ・ニュージーランドで受けたインタビューのリンクを貼った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)