ベネズエラ国会議長が緊急寄稿「マドゥロの居座りを終わらせよう」

<暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長が不逮捕特権を剥奪されて本誌に緊急寄稿>

昨日(4月2日)の晩、私の不逮捕特権は剥奪された。この国の、およそ正統性を欠く制憲議会によってだ。いや、私を待ち受ける運命はどうでもいい。問題はベネズエラに民主主義を取り戻そうと闘う全ての国民の運命だ。これはアメリカ大統領と、自称「革命の指導者」との争いではない。自由を求める人々と独裁者の闘いだ。

マドゥロ独裁政権は初めからベネズエラにとっての悲劇だった。彼が政権を掌握して以来、この国のGDPは半分に減った。インフレ率は世界一となり、今や超の付くインフレで何百万もの国民が逃げ出した。貧困率は90%に達し、国民の65%以上はいつも腹をすかせている。記録のある限り最悪の事態だ。数え切れないほどの子供や高齢者が栄養不良や通常なら治療できる病で命を落としている。

この間にベネズエラは世界でも指折りの暴力社会になった。この国の人口は約30万だが、過去15年で25万人以上が暴力事件の犠牲となった。住民10万人当たりの殺人件数は南北アメリカ大陸を通じて最高だ。

加えて政治的弾圧の犠牲者がいる。マドゥロ派の特殊部隊は平気で人権を無視し、既に9000人ほどを超法規的に処刑している。チリのピノチェト独裁政権下で「失踪」したとされる人数の3倍だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)