ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏を逮捕 米に移送され最悪は死刑?

記事まとめ

  • ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏が英警察に逮捕された
  • アサンジ氏側は、米国に身柄を送られ、死刑にされるのではないかと恐れているそう
  • イギリスはアサンジ氏が死刑になるなら米国に身柄を引き渡すことはないとしている

アサンジは死刑になるのか、ならないのか

<米司法省は機密情報の漏洩に関与した共謀罪で身柄の引き渡しを求めるが、イギリス側は「死刑」になる可能性があれば身柄は引き渡さないと言明>

内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジが11日、7年間保護されていたロンドンの在英エクアドル大使館で英警察に逮捕された。米司法省は同日、米軍の機密情報の漏洩事件に関与した疑いでアサンジの訴追を発表した。アサンジ側は、アメリカに身柄を送られ、最悪の場合には死刑にされるのではないかと恐れている。

英警察は、エクアドル政府がアサンジの亡命許可を取り下げ、アメリカが身柄引き渡しを要請したことを受けて、エクアドル大使館内でアサンジを逮捕した。

しかし英ガーディアンによると、昨年12月にラジオインタビューに応じたエクアドルのレニン・モレノ大統領は、英政府がアサンジに対して、アメリカなど死刑になる可能性がある国には身柄を引き渡さないと約束する文書を渡していたことを明らかにしている。

さらにイギリスのアラン・ダンカン外務閣外相(欧州・アメリカ担当)は11日、もしアサンジが死刑になるならアメリカに身柄を引き渡すことはないと発言した。

「もしアサンジが死刑にされるのなら、イギリスは身柄を引き渡さない。これはイギリスの基本的な政策でアサンジにも同様に適用される」と、ダンカンは英メディアの取材に語っている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)