台湾海峡で中国軍が軍事演習 アメリカは「脅し」と反発

「脅しや抑圧を通して台湾に影響を及ぼそうとする試みはすべて、地域を不安定化させ、台湾海峡の安定を脅かすものだ」

アメリカは台湾と公式な関係を樹立してはいないが、1949年に中国で起きた国共内戦に敗れて本土を追われ以降、台湾に軍事支援を約束している。ドナルド・トランプ米大統領は2017年の就任以降、徐々に米台関係を強化しており、2018年には台湾旅行法(米政府当局者と台湾高官が互いを自由に行き来し会談できると定める)を成立させ、南シナ海や台湾海峡でのいわゆる「航行の自由」作戦も増やしている。

1982年に採択された海洋法に関する国連条約を批准している中国(アメリカは批准していない)は、アメリカのこうした動きを非難。一連の取り組みには、世界で最も航行量の多い貿易ルートの一つであり、石油および天然ガスの埋蔵量が数兆ドル相当にのぼると見られている南シナ海において、軍事的および政治的なプレゼンスを拡大しようとする狙いがあると非難した。中国は南シナ海の領有権を強く主張しており、複数の島や小島、岩礁を軍事拠点化。アメリカや、同海域の領有権を主張する周辺諸国と対立している。



中国による軍事演習を受けて、台湾は独自に空軍と海軍の部隊を配備。台湾国防部は声明を発表し、「軍事作戦と世論戦を通じて、台湾海峡で現状に挑もうとする中国の試みは、台湾海峡の平和を助けるものではなく、地域の安定に悪影響を及ぼすものだ」と述べた。

関連記事(外部サイト)