アルジェリアに遅れて来た「アラブの春」の行方

<20年の長期政権ブーテフリカ大統領を退陣させた民衆のパワーは、真の改革を起こせるのか>

首都を埋め尽くし歓喜の声を上げる大群衆。アルジェリアで20年にわたり権力の座にあったアブデルアジズ・ブーテフリカ大統領が4月2日、即日辞職を発表した。月末に辞職すると発表した翌日のことだった。

4月半ばに予定されていた大統領選で、ブーテフリカが5期目を目指すと発表した2月以来、アルジェリア全土では毎週金曜日に大規模な抗議デモが開かれてきた。ブーテフリカは3月末に閣僚29人中21人を入れ替えてガス抜きを図ったが、民衆は生き残り戦略だとしてますます激怒。ブーテフリカに完全な引退を要求していた。

一連の流れで民衆が果たした役割は大きかったが、ブーテフリカに事実上の引導を渡したのは軍部だ。かつてフランスの植民地だったアルジェリアでは、激しい独立戦争を経て62年に独立を果たして以来、軍部が国政でも重要な役割を果たしてきた。

実際、軍部は独立以来の全ての大統領を選び、承認し、クビにしてきた。それは今回も例外ではない。アフメド・ガイド・サラハ国防副大臣兼陸軍参謀総長が、大統領の職務遂行不能を定めた憲法102条の適用を憲法裁判所に申し立てたとき、ブーテフリカの命運は尽きた。

とはいえ、ガイド・サラハも当初はブーテフリカの出馬を支持していた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)