Newsweekブロックチェーン大賞:医薬品サプライチェーンを変えるクロニクルド

<世界の医薬品業界にとって重大な問題を解決できるかもしれない――。本誌「ブロックチェーン大賞2019」受賞>



※4月23日号(4月16日発売)は「世界を変えるブロックチェーン起業」特集。難民用デジタルID、分散型送電網、物流管理、医療情報シェア......「分散型台帳」というテクノロジーを使い、世界を救おうとする各国の社会起業家たち。本誌が世界の専門家と選んだ「ブロックチェーン大賞」(Blockchain Impact Awards 2019)受賞の新興企業7社も誌面で紹介する。


◇ ◇ ◇

アメリカで深刻化している麻薬性鎮痛薬オピオイドの依存症と、物流におけるサプライチェーン管理。両者は一見無関係に見えるが、世界の医薬品業界にとっては重大な問題だ。サンフランシスコの新興企業クロニクルドのブロックチェーンを利用した新サービスは、自社製品の正確な流通履歴を知る必要がある医薬品メーカーにとって朗報になるかもしれない。

2013年、オピオイド問題に危機感を強めた米議会は製薬会社に対し、個々の医薬品が使用者に届くまでの流通経路を追跡する方法を2023年までに考案するよう要求。同様のルールはアジア、南米、EUも導入している。だが、現在医薬品のサプライチェーンを管理している複数の追跡システムを継ぎはぎするだけでは、問題に対処できない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)