米大手スーパーが無人運転車による配送サービスを開始

<昨年3月の試験運転中の死亡事故で止まっていた、自動運転車の開発競争が再び激化する>

配達を頼んだドライバーが遅刻したり、道に迷ったりして怒る時代は過去のもの――これからは配達ロボットを叱る時代だ。全米最大規模のスーパー・チェーン「クローガー」は今週、無人運転車による初の商品配送サービスをテキサス州ヒューストン地域で開始したと発表した。

このサービスは、日本のソフトバンクグループも出資している米無人配送車ベンチャー「ニューロ(Nuro)」との共同プログラム。4月17日に、両社が合同で最初の無人運転車によるテスト配送を実施した。配送車は無人だが、テスト期間はロボット技術者が後続車で監視する。



ニューロの共同創業者デーブ・ファーガソンは「我々が続けてきた無人配送実験が功を奏して、実際にサービスを提供し、地域コミュニティに変化をもたらすところまできた」と語った。「ヒューストンの顧客に食料品を早く安全に提供できることに興奮している」

ヒューストンでのサービスには、ニューロの無人運転技術を搭載したトヨタ「プリウス」が使われる。来年には、ニューロ特注の無人配送バンが導入される。

「無人車」が標準になる

今のところ無人運転車による配送サービスを提供しているのは市内南西部の1店舗だけだが、間もなく2店舗目が加わる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)