英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

アン・ブリンが斬首後も話そうとしたことを信じたいのは人情かも知れないが、この話はやはり眉唾ものだ。

(翻訳:村井裕美)

Adam Taylor, Director of the Clinical Anatomy Learning Centre and Senior Lecturer, Lancaster University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.






※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。


アン・ブリンがヘンリー8世の王妃になり斬首されるまで



アダム・テイラー(英ランカスター大学上級講師、同大学臨床解剖学ラーニングセンター所長)

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)