難治がんの記者が伝えたい「がんだと分かった」ときの考え方

<2人に1人ががんになる時代、考えることを先送りすべきではない――。2016年1月に膵臓がんと診断され、2018年末に亡くなった新聞記者が遺したメッセージ>

2月に出版された『書かずに死ねるか――難治がんの記者がそれでも伝えたいこと』(野上祐著、朝日新聞出版)の著者は、朝日新聞の元政治記者。「元」としたのは、福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月に膵臓(すいぞう)がんと診断され、2018年12月28日に逝去したからだ。

つまり告知を受けてからも闘病しながら執筆を続け、その結果として生まれたのが本書なのである。

「朝日新聞デジタルでときどき配信してきたコラム『がんと闘う記者』をまとめて本にする気はあるか? もしあるなら、出版社に相談しようと思う」 上司からそう言われたのは、医師から「命に関わりかねない状態」と言われて東京都内の病院に緊急入院した昨年7月(注釈:この文章が書かれたのは2018年12月25日)。ちょうど東京都議選の投開票日のことだった。(「あとがき」より)

そうして生まれた本書にはさまざまな思いが書かれているが、その根底には「危機への参考書になれば」という考えもあったようだ。

 2016年2月、病院で麻酔から目覚めると、闇の中に白衣がぼうっと浮かんだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)