アートシーンに息づくパンクロックのエネルギー

<パンクのグラフィックデザインに注目する、異色のアート展が聖地ニューヨークで開催中>

1970〜80年代前半のパンクシーンは燃え上がってすぐに消えたが、文化やスタイルやデザインに与えた影響は今も続く。

ニューヨークのアート&デザイン美術館(MAD)で8月18日まで開催中の『生きるには速すぎ、死ぬには若すぎる パンク・グラフィックス1976〜1986』は、英米のパンク&ポストパンク・ムーブメントをグラフィックデザインの観点から探るアート展だ。チラシやポスター、アルバムカバー、個人製作誌など400点以上が展示され、パンクロッカーのイギー・ポップやバンド「ラモーンズ」のメンバーらのインタビュー映像や、パンクとポストパンクの誕生を記録した写真も見られる。

「全て疑ってかかるパンクの精神は、エネルギーと色彩とノイズにあふれた革新的な作品とアイデアを提示するMADの精神そのものだ」と、MADのクリス・スコーツ館長は言う。

PD REARICK; COURTESY OF CRANBROOK ART MUSEUM

今回はミシガン州のクランブルック美術館が昨年開催したものをニューヨーク向けにアレンジ。マンハッタンのクラブCBGBのチラシ、ラモーンズのコンサートのポスターや記念品などNYパンクゆかりの品が並ぶ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)