アメリカで19歳妊婦が殺害される 腹を切って胎児奪った男ら3人を逮捕

記事まとめ

  • アメリカで先月から行方不明になっていた19歳の妊婦が、5月15日に遺体で発見された
  • シカゴの住宅に誘い込まれて殺害された後、腹を切り裂かれ胎児が取り出されたという
  • 女性が住宅を訪ねたのは、容疑者からベビー服などを譲り受けるためだったという

シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って胎児奪う

<人はどこまで残酷になれるのか>

米国で先月から行方不明になっていた19歳の妊婦が、5月15日に遺体で発見された。イリノイ州シカゴの住宅に誘い込まれて殺害され、その後に腹を切り裂いて胎児が取り出されたと警察はみている。

イリノイ州クック郡監察医務院は、シカゴの住宅で発見された遺体の身元を、19歳のマーレン・オーチョア=ロペスと確認した。

死因は絞殺。最後に目撃されたのは4月23日で、通学している高校を出た後、消息を絶った。妊娠9カ月だった。

オーチョア=ロペスの家族は、彼女が問題の住宅を訪ねたのは、フェイスブックで知り合ったクラリサ・フィゲロア容疑者(46)からベビーカーとベビー服を譲り受けるためだったと言う。家族の代理人を務めるセシリア・ガルシアは取材に対し、「この家の女性は、ベビー服が余っているので譲ると言っていた。それが、マーレンを誘い出すためのウソだったのだろう」と語った。

オーチョア=ロペスが最後に目撃されてから数時間後、フィゲロアは消防局に通報し、彼女自身がたった今家で出産したが、赤ん坊が息をしていないと説明したという。


事件のニュース映像。上は逮捕された3人。左がクラリサ・フィゲロア容疑者。


シカゴ市消防局は、オーチョア=ウリオステギが消息を絶った日、生まれたばかりの赤ん坊が苦しんでいるという通報があり、問題の住宅に急行したと認めている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)