数万人の脱北女性が中国で性奴隷にされている

<中国に潜む脱北者20万人のほとんどが女性で、その約6割が人身売買されている>

何万人もの北朝鮮人女性が中国で性奴隷を強制されている。

NGO韓国未来イニシアチブ(KFI)が中国と韓国に住む被害者45人以上への聞き取りなど2年にわたる調査を実施。年間1億500万ドル以上の闇取引が発覚した。中国に潜む脱北者20万人のほとんどが女性で、当局に拘束されると死に直面する弱みを握られ、その約6割が人身売買されているという。

脱北後は仲介業者や犯罪組織に渡され、中国でぼろぼろになるまで性搾取されると、報告書は指摘する。「国際資本が中国に向かい、米韓が北朝鮮に融和姿勢のとき、北朝鮮人女性は人身売買に苦しんでいる」

多くは移民労働者に紛れて中国東北地方の売春宿で奴隷となり、中国人による性暴力、搾取、強制結婚に遭っている。9歳の少女が性的暴行を受ける姿がネット中継され、視聴者の多くは韓国人だったという。

報告書は人身売買への非難は「不十分」と結論付ける。「中国の売春宿やサイバーセックスの性奴隷を救えるのは、実際の行動だけだ」

<本誌2019年6月4日号掲載>


※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。


ブレンダン・コール

1

関連記事(外部サイト)