子どもの痙攣には「鳩の尻」が効く(でも鳩は死ぬ)──奇妙な医学事件簿

他にもナイフを呑んだ男、水銀の入ったタバコ、享年152の老人、水陸両生幼児、爬虫類の糞を薬にする医者、などなど多種多様な逸話が取り揃えられ、さながら奇行珍事博物館の観を呈している。

そして、それらを読んでいると普段は良識や常識に覆い隠されている人間の姿が見えてくる。思慮を欠き、思い込みが激しく、滑稽で、時に驚くべき生命力を発揮し、また、信じられないようなアイデアを思いつき、嘘もつくが、どこか愛嬌もあり笑いを誘発する人間。そのような人間に興味を引かれるこの著者ならではの本だろう。

本書は、17世紀から19世紀にかけての古い医学論文がふんだんに引用され、それに著者が評言を差し挟む構成になっているが、引用された論文は真剣なだけにかえってユーモアが立ち上り、著者は歯に衣着せぬ物言いで笑いを催させる。過去の医者や患者の事跡を出汁(だし)にして笑いを取っていると言えなくもないが、これは快活で、陰にこもったものを感じさせない。「王様は裸だ」と叫ぶ子どものようなものだろう。



笑う人間がいて、笑われても許す人間がいる

ところで本書には、有益な知識や教訓などは書かれていない。そういうわけだからここでは、本書がいかに役に立たないかを紹介しておこう。

例えば、ガチョウの喉を呑み込んでしまったという子どもの話があるが、これはそうなるまでの過程が面白い。

関連記事(外部サイト)