子どもの痙攣には「鳩の尻」が効く(でも鳩は死ぬ)──奇妙な医学事件簿



●'Cigarettes Mercurielles. Bichloride of mercury, 4 centigrammes; extract of opium, 2 centigrammes; tobacco deprived of its nicotine, 2 grammes.' These cigarettes are recommended in syphilitic ulcerations of throat, mouth, and nose.
(「水銀タバコ。塩化水銀(U)四十ミリグラム、アヘンのエキス二十ミリグラム、ニコチンを抜いたタバコ二グラム」。喉や口や鼻にできた梅毒性潰瘍にはこれが良いとのことだ)

――水銀タバコの製法。何と19世紀に行われていた治療法である。そもそも健康のためにタバコが奨励されていた一時期があったということだ。現在の常識と照らし合わせてみると、世の中の変化というものをまざまざと思い知らされる。

●It would be foreign to my purpose to detail here the various animals I put in requisition in the course of this investigation, or the animal products I examined during a prolonged inquiry. It is enough to state that I found in the excreta of reptiles agents of great medical value in numerous disease where much help was needed.
(長きにわたる探求の過程で調べることになった動物や動物から産出される物体の一々をあげつらうのは、目的から外れることになる。

関連記事(外部サイト)