波乱含みのトランプ訪英 メーガン妃は既に欠席表明

<トランプ嫌いのロンドンっ子たちが待ち構えるイギリスへ。本当に歓迎するのは、イギリスとEUの分断を煽る離脱強硬派ぐらい?>

ドナルド・トランプ米大統領は6月3日朝、国賓として初めてイギリスに到着する。エリザベス女王との会見や第二次大戦のノルマンディー上陸作戦75周年記念式典への出席を含む5日間の訪欧を開始する。イギリス国内はブレグジットをめぐる混乱で騒然としており、英米貿易協定の交渉も物議を醸している最中だ。

トランプ夫妻と成人した子供たちはバッキンガム宮殿で女王エリザベス2世に謁見し、チャールズ皇太子の公邸であるクラレンスハウスで伝統的なアフタヌーンティーを楽しむことになっている。

トランプはイギリスでは嫌われている。昨年の訪英時にもロンドン中心部で大規模なデモが行われ、トランプはデモを迂回した。

<参考記事>世界でも特にイギリスでトランプが嫌悪される理由


2018年訪英時、ロンドン中心部で行われた反トランプデモ


王室の最も新しいメンバーであるメーガン妃(サセックス公爵夫人)は既に、第一子の出産後であることを理由に、トランプ訪英の行事には出席しないと発表している。メーガン妃は2016年の米大統領戦の前に、トランプは女性を蔑視しているとして、トランプが大統領に選出されたらカナダに移住するかもしれないとテレビのインタビューで答えたことがある。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)