イギリスで人種差別によるいじめが増加 肌をホワイトニングする子供も

<2016年に国民投票でブレグジットが決定してから、イギリスでこどもへの人種に基づくいじめや虐待が急増していることがわかった>

子供の虐待防止に取り組むイギリスの福祉団体NSPCCの調査によると、イギリスでは子供に対する、人種に基づくいじめや虐待が3年前より約20パーセント増えたことがわかった。これには、1才未満の乳児に対する差別も含まれる。

NSPCCの子供電話相談チャイルドラインには、「仲間に入れてもらうために、肌の色を白くするクリームを使ったこともある」という10歳児からの悲痛な相談も寄せられている。

仲間に入れてもらうために肌を白く

NSPCCは2015年以降、2600件以上の電話相談を受けた。12歳から15歳の子供からの相談が多く、男の子より女の子が多いという。チャイルドラインには「汚い肌の人となぜ友達でいるのか、と問われ始めたので、私の友達は私と付き合うのをやめた。私はイギリスで生まれたのに、いじめっ子たちは私に『国へ帰れ』と言う。仲間に入れるよう、メイクの前に肌を白くしようとしたこともある」という10歳児の声も寄せられている。

また、同団体が警察から得たデータによると、子供に対する人種関連のヘイトクライムは2017年から2018 年で10,571件報告されており、1日約29件だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)