性的虐待の記憶「耐え難い苦しみ」と、17歳の少女が合法的安楽死

性虐待被害少女が安楽死/欧

<不治の病でも身体の激痛でもない、性的虐待とレイプの被害者の苦悩が、希望通りの死に値すると認められた>

オランダで10代の少女が、合法的に安楽死を実行したことがわかった。子どものころに受けた性的虐待やレイプに起因する「耐え難い苦痛」と何年も戦った末の選択だった。

17歳のノア・ポトーベンは、ハーグで安楽死の権利を認められたのち、6月2日に自宅のリビングで死の世界に旅立った。ポトーベンは11歳の時に性的虐待を受け、その3年後にレイプされた。以来、ポトーベンは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病、拒食症に苦しんできた。

彼女は「Winnen of Lernen(勝つか学ぶか)」というタイトルの自伝を著し、自らの心の病との戦いについて詳述している。

<参考記事>安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた
<参考記事>苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

ポトーベンは安楽死するという選択を、インスタグラムへの投稿で明らかにした。「この場合、愛とは放っておいてくれること」と彼女は綴り、「この決断に驚く人もいるかもしれません。でもかなり以前から、(安楽死を選ぶ)心づもりはあり、衝動的なものではありません」と書いている。「ずばり要点を述べます。これから長くても10日以内に、私は死にます」

「呼吸はしていても死んでいます」

「何年も戦い、克服しようと努力する中で、疲れ切ってしまいました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)