中国軍増強で、米軍は台湾や南シナ海に近づけなくなる

議会の委託を受けて2018年末に発表された調査報告では、今やアメリカが中国との戦争に負ける可能性もあると警告した。

ドナルド・トランプ政権は2018年初頭に新たな国防戦略を策定し、ロシアや中国からの脅威に対応するために、これまでの対テロ作戦から「大国間競争」へと軸足を移すよう国防総省に指示した。米軍の優位性を維持するための技術革新を説いた2014年の米国防総省のイニシアチブ「第三の相殺戦略」に基づいた戦略だ。1950年代の戦術核、1970年代の精密誘導通常兵器に続くもので、伝統的な作戦領域で米軍が必ずしも優位ではなくなった場合に、無人機やステルス性兵器などテクノロジーで相殺しようというものだ。

ワーク前米国防副長官はワシントン・ポスト紙に対して、第三の相殺戦略は中国の脅威を明確にすべきだったと語った。「私なら『中国が来る、中国が来る、中国が来る』と声を上げていた。そして『もうこれ以上、待てない』と言っただろう」

(翻訳:森美歩)


※6月11日号(6月4日発売)は「天安門事件30年:変わる中国、消せない記憶」特集。人民解放軍が人民を虐殺した悪夢から30年。アメリカに迫る大国となった中国は、これからどこへ向かうのか。独裁中国を待つ「落とし穴」をレポートする。




デービッド・ブレナン

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)