中国の通信事業者に5G営業許可証発行 トランプ政権のファーウェイ攻撃で中国5G加速か

記事まとめ

  • 中国中央行政省庁の一つである工信部は6月6日、「5G営業許可証を発行する」と発表
  • 中国電信(チャイナ・テレコム)、中国移動(チャイナ・モバイル)など4社が許可取得
  • トランプ政権のファーウェイ攻撃が中国の5G商業化を加速させているとも

中国、5Gに営業許可証発行:米のファーウェイ攻撃が中国5Gを加速化

6月6日、中国政府の工信部は5G営業許可証発行を発布。イギリスは初めての5G生放送の中でファーウェイ設備に焦点。トランプ政権のファーウェイ攻撃が中国の5G商業化を加速させている。

5G営業許可証発行と4社にライセンス

中国中央行政省庁の一つである工信部(工業と信息化部)(=工業情報化部)は6月6日、「5G営業許可証を発行する」と発表した。中国の中央テレビ局CCTVが伝え、多くの他の中国メディアも詳細に伝えている。

それらによれば、営業許可証の申請を出したのは「中国電信(チャイナ・テレコム)、中国移動(チャイナ・モバイル)、中国聯通(チャイナ・ユニコム)、中国広電(国家新聞出版広電総局)」の4社で、この4つの通信事業者が先ずライセンスを得た。

それに対して多くの内外の企業が対応する意思を表明したと中国メディア(上記リンク先など)が伝えた。

●ZTE(中興):5G営業許可証の発行は、わが社に多くの発展のチャンスをもたらし、新しい発展段階へと導いてくれる。

●Huawei(ファーウェイ):ファーウェイはエンドツーエンド(end to end)(高度な通信制御や複雑な機能を末端のシステムが担い、経路上のシステムは単純な中継・転送のみを行う)に基づき、5G能力を全面的にリードし(アドバンテージを持ち)、中国の通信事業者が中国の5Gシステムを建設することを全面的に支持する。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)