50代の半数はもう手遅れか──生活水準を維持可能な資産水準を年収別に推計する

<老後の備えに必要な資産は一般に2,000万円〜3,000万円とされるが、その額は退職前の年収にも左右される。皮肉なことに、年収500万円だった人は資産2,000万円でも生活水準を保てるが、年収1,000万円だった夫婦の場合、半数は老後の生活水準の大幅な低下が避けられないことがわかった>

老後のために、資産をどの程度用意すればよいのか。一般的に、夫婦二人の老後に必要な資金は2,000万円〜3,000万円が目安とされる。実際、2,000万円〜3,000万円の資産を有す高齢者の約半数が現在の生活で満足しているといった調査結果がある。

しかし、2,000万円〜3,000万円もの資産があっても、半数は満足できる生活ができていないとも言える。これは、退職後の可処分所得や満足できる生活水準が、世帯により大きく異なるからではないだろうか。

退職後の可処分所得や満足できる生活水準は退職前の年間収入の状況に因ると考えられることから、50代のサラリーマン夫と専業主婦の二人世帯を対象に、老後の生活のために用意すべき金額を年間収入別に推計した。推計結果などから、50代世帯の半数は、老後の生活水準の大幅な低下が避けられない状況にあることがわかった。

1──老後のための必要資産額は人それぞれ

老後のために、資産をどの程度用意すればよいのか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)