アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」



一方のトランプ政権は、イランからのいかなる脅威にも対応すべく、米兵1500人の追加派遣など、中東地域の軍事力を増強。軍事的な緊張が高まっている。

イランのジャバド・ザリフ外相は6月10日、こう警告している。「誰が我が国との戦争を始めようと、その戦争の幕引きをするのはその者たちではないだろう」

(翻訳:森美歩)


※6月18日号(6月11日発売)は「名門・ジョージタウン大学:世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」特集。「全米最高の教授」の1人、サム・ポトリッキオが説く「勝ち残る指導者」の条件とは? 必読リーダー本16選、ポトリッキオ教授から日本人への提言も。



ジェイソン・レモン

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)