他人の便で病気を治す糞便移植、ただし移植する便には気を付けて──アメリカで1人死亡

<糞便に含まれる有益な細菌の移植によって患者の腸内バランスを回復する糞便移植で死亡者が出た>

アメリカ食品医薬品局(FDA)は6月13日、糞便移植に関して注意を促す警告を発表した。この治療を受けた2人の患者が「健康を害する」感染症を発症し、1人が死亡したためだ。

この患者2人の治療に使われたドナーの便には、危険な薬剤耐性菌が含まれていた。ペニシリンを含む数々の抗生物質に耐性を持つ病原性大腸菌だ。

医療スタッフたちは、ドナーの便にそうしたタイプの細菌が含まれていないかを確認するためのスクリーニングを実施せずに移植を行っていた。

さらにFDAによれば、患者は2人とも免疫機能が低下していた。

糞便移植では、健康なドナーから採取された有益な細菌を含む糞便が患者に移植される。

ジョンズ・ホプキンス大学医学部のウェブサイトによれば、この治療法は「便微生物移植」、または「腸内細菌療法」と呼ばれている。

抗生物質に殺された良い菌を補充

医師は、移植前にまず、ドナーのサンプルに感染症を引き起こす細菌が含まれていないかをスクリーニングしなければならない。13日に出されたFDAの警告は、すべてのドナーサンプルについて、薬剤耐性細菌に関する各種検査を実施するよう呼びかけている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)