イランを核開発と戦争に駆り立てるアメリカ、タイムリミットは今月末?

ハメネイはトランプ政権とのいかなる対話も予定されていないと語り、イラン政府の他の幹部たちも、米政府が核合意に復帰しない限り対話する用意はないと述べている。

(翻訳:村井裕美)


※7月2日号(6月25日発売)は「残念なリベラルの処方箋」特集。日本でもアメリカでも「リベラル」はなぜ存在感を失うのか? 政権担当能力を示しきれない野党が復活する方法は? リベラル衰退の元凶に迫る。



ジェイソン・レモン

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)