ネオナチに飲ませる酒はない! 住民がビール買い占め ドイツ夏フェス

<旧東ドイツのオストリッツで開かれるロックフェスティバルは、多くのネオナチが集まることで有名になったが、今年は混乱を懸念した地元住民たちが結束して、町のスーパーからビールを買い占めてしまった......>

旧東ドイツはザクセン州、ポーランド国境に接するオストリッツは、人口2,400人程度の小さな町だ。この町で開かれるロックフェスティバルはだが、各地から大勢のネオナチが押し寄せることで知られている。昨年の参加者は約1,200人以上だった。

今年も先週末、同フェスティバルが開かれた。だが開催に先駆け、ザクセン州上級行政裁判所が、出演者や参加者の暴力的な性質を考慮してフェスでのアルコール販売を禁止。さらに、ネオナチたちが酒を求めて町に繰り出すことを見越した住民たちが協力して、フェスティバル前に町中のビールを買い占めてしまった。

小さな町で、住民が立ち上がった

夏のヨーロッパは、週末に泊まり込みで参加する音楽フェスティバルが目白押しだ。ポーランド国境からわずか数メートルのオストリッツのホテル敷地内で開催される「シルト・ウント・シュウェルト(盾と剣)」ロックフェスティバルもそんな夏フェスの1つだ。ただし、他都市のフェスティバルが比較的穏やかなのに対し、オストリッツのフェスティバルは出演者・参加者ともに極右の白人至上主義者が多いことで知られている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)