金正恩「ワシントン訪問」に現実味はあるか

<実際に金正恩が訪米した際のアメリカメディアや世論の反応を考えれば、ワシントン訪問は全く非現実的>

G20参加直後のトランプ大統領の予定は、当初は韓国訪問だけの計画でした。それが、まず軍事境界線上の板門店視察ということになり、結果的には自身が境界線を越えて金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長と握手して見せ、「第3回米朝首脳会談」に発展しました。

そうではあるのですが、別に核とミサイル放棄への道筋が見えたわけではなく、単に実務者協議を行うという計画と、次の首脳会談が行われることが示唆されただけでした。

ただ、今回の会談を受けて、「次は金正恩委員長のワシントン訪問か?」という期待感が出てきているのは事実です。実際にトランプ大統領は、ワシントン招聘というアイディアを何度か表明しているわけですし、期待感が出てくるのは不思議ではありません。

ですが、冷静に考えてみれば、金正恩ワシントン訪問というのは、全く非現実的と思われます。

3つ指摘したいと思います。

1つ目は、アメリカのメディアや野党・民主党の動向です。トランプがアジアで金正恩との会談を行うということならば、アメリカの世論は「遠いアジアの問題を、アメリカの大統領が解決に行く」という方向性と距離感で受け止めます。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)