Appleを去るジョニー・アイブ──最高デザイン責任者が遺したものとは

<Apple製品のデザインを担ってきたジョニー・アイブが年内にAppleを退社することが報道された。これまでジョニー・アイブが遺してきたものはなんだったのか......>

Appleの最高デザイン責任者(CDO)、サー・ジョニー・アイブが年内にAppleを退社するというニュースはiPhoneやMacBook愛用者に衝撃を与えた。AppleのiPhoneやMacBookをはじめとする現行製品のすべてが、同氏の監督下でデザインされたものだからだ。

アイブは退社後に設立する自分のデザイン会社「LoveFrom」でAppleの仕事を引き続き行うとしているが、その影響は減るだろう。

ちなみにアイブのサーの称号は、2013年にデザイン業界への貢献を讃えて英国王室が与えたものだ。

トランスルーセントの曲線が美しい「iMac」で革命を起こした

アイブは英国出身で、Appleに1992年に入社するまでは、ロンドンのデザイン会社に勤めていた。当時そのデザイン会社の顧客だったAppleの幹部がアイブの才能に目をとめ、同氏を引き抜いた。

だが、アイブが入社したのはAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズが不在の時代のことで、アイブの斬新なデザインを評価する幹部はいなかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)