ドイツ大政党を揺るがすユーチューバーの乱

<かつて最強を誇った「メルケルの党」がたった1本の動画に慌てふためいた理由>

ドイツで5月26日に行われた欧州議会選挙の約1週間前、青く髪を染めた若い男が「CDUの破壊」というタイトルの動画をインターネットにアップした。文字どおり、与党・キリスト教民主同盟(CDU)による過去14年間の「破壊行為」を誇張気味に糾弾する内容だった。

ネット上で「レゾ」と名乗る若者の正体は、26歳の映像プロデューサー。ミュージシャン、エンターテイナーとして人気を集め、メインの YouTube チャンネルには160万以上のフォロワーがいる。

この政治色の強い動画は、実際にCDUが欧州議会選で不振だったこともあり、かつてはアンゲラ・メルケル首相の下で無敵に見えた「最強の党」を動揺させた。そして、ドイツ国民の間に同党の未来に対する疑念を呼び起こすことになった。

長年ドイツ政界を支配してきた中道右派のCDUは、特に若い有権者の間で支持の低下が目立つ。もっと右に路線を修正して出血を止めようとしたが、支持率低下に歯止めがかからない。一方でメディア戦略はほとんど変わらないまま。レゾの動画は同党のコミュニケーション能力の低さを浮き彫りにした。

動画では3つのポイントを挙げてCDU糾弾する。まず、CDUの政策は所得格差の拡大と社会的流動性の減少の原因になっていると、レゾは主張する。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)