人為的に変形された1万2000年前の頭蓋骨が中国で発掘される

<中国で発掘された人為的に変形された頭蓋骨を持つ人骨は、1万2000年前のものであることがわかった......>

中国東北部の吉林省にある後套木?遺跡で人骨25体が発掘され、そのうち11体で人為的に変形させた頭蓋骨が見つかった。その多くは、前頭骨と後頭骨が平行になるように変形していたという。

人為的にヒトの頭蓋を変形させる「頭蓋変形」は、完全に接合されていない新生児の頭蓋骨に人為的に圧力を加えて変形させ、変形状態で接合してそのまま固定するというものだ。イラクのシャニダール洞窟で発掘された4万5000年前のネアンデルタール人でも頭蓋変形が 確認されているように、かつては世界各地で頭蓋変形の風習があったとみられているが、その起源や歴史、目的、意義などについては、まだ明らかになっていない。

ペルー 原始ナスカ文化の人工頭蓋変形 Didier Descouens - wikipedia

頭蓋骨が変形した11体の人骨

吉林大学と米テキサスA&M大学の共同研究チームは、吉林省の後套木?遺跡で2011年から2015年にかけて発掘された新石器時代の人骨25体を分析し、2019年6月25日、アメリカ自然人類学会(AAPA)の機関誌「 アメリカン・ジャーナル・オブ・フィジカル・アンソロポロジー 」でその研究成果を発表した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)