人為的に変形された1万2000年前の頭蓋骨が中国で発掘される



研究チームは、CTスキャンにより、11の頭蓋骨で頭蓋変形の形跡を見つけた。これらのうち5個は成人のもの、6個が子どものものとみられ、年齢は3歳から40歳と推定されている。1万2000年前の堆積物で発掘された成人男性の頭蓋骨が最古のものである一方、6500年前の堆積物や5000年前の堆積物からも同様の頭蓋骨が見つかっていることから、少なくとも約7000年にわたって、この地域で頭蓋変形の風習が受け継がれていたと考えられている。

また、同じ墓に埋葬されていた個体でも、頭蓋変形の形跡があるものとそうでないものがあった。それゆえ、頭蓋変形は、家系や社会的・経済的地位などを示すなどの目的で、特定の人々のみを対象に、選択的かつ意図的に行われたものではないかと推測されている。

頭蓋変形の謎を解くカギが潜む可能性

アジア大陸の北東部は、中国や朝鮮半島、日本列島、シベリア東部などに向けて人々が移動した中継地であるため、後套木?遺跡から発掘された人骨や出土品には、頭蓋変形の起源や意義などの謎を解くカギが潜んでいる可能性がある。研究チームでは、今後、後套木?遺跡と他の新石器時代の遺跡との比較研究を行い、頭蓋変形についてさらなる解明をすすめていく方針だ。



The Truth Behind Artificial Cranial Modification


松岡由希子

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)