VRゲーム機の進化を装着して体験せよ

<オキュラス・クエストは安価で簡単――後はハードがもっと小型になり対応するソフトが増えれば言うことなし>

ゲームでVR(仮想現実)を楽しむためのヘッドセット型の機器が相次いで発売されたのは数年前のこと。だが第1世代の家庭用VR機器は、魅力的といえども多くの消費者にとってあまりにも高価だったし、操作のハードルも高過ぎた。

それでもオキュラスやHTC、ソニーなどの企業が幅広いユーザーに向けたVR機器の開発をやめることはなかった。第2世代の製品は、手頃な価格とシンプルなハードウエア、そして以前よりは充実したゲームソフトのラインアップで消費者を呼び込もうとしている。「オキュラス・クエスト」もそんな新しい世代のVR機器の1つだ。

クエストはVRの世界に真の一歩を踏み出したと言える製品だ。4万9800円と手を出しやすい価格で、パソコンにつなぐケーブルがなくなって動きやすくなった。これ一台で遊べるから、使い勝手という意味でも手軽だ。同社の既存のオールインワン型機「オキュラス・ゴー」の軽量な無線ユニットや、パソコンにつないで遊ぶハイエンド機「オキュラス・リフト」のモーショントラッキング技術やコントローラーなど、従来型のいいとこ取りをしている。

「豊かなゲーム体験をつくり出すのに、姿勢トラッキングと(手首に装着して使う)オキュラス・タッチ・コントローラーは重要だ」と、同社のハードウエアマネジメント責任者、ショーン・リウは言う。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)