トランプ「人種差別」論争の裏で進められた不法移民摘発

<民主党内の主流派と左派の分断を狙ったという見方もあるが、罵倒合戦の裏では不法移民に対する一斉摘発が粛々と実行されていた>

トランプ大統領は、何かにつけて過激なツイートをするので有名ですが、なかでも7月14日に流したツイートは大いに物議を醸しました。ここのところ、大統領への対決姿勢を示している「民主党の『進歩派』女性下院議員」に対して、「(アメリカがイヤなら)自分の国へ帰って、ひどい状態の国を立て直して来い」と挑発したのです。

名指しこそしていませんが、この女性議員が以下の4人を指すことは明らかです。いずれも新人女性議員で、有色人種(非白人)です。

▼アレクサンドリア・オカシオコルテス議員(通称AOC、NY14区、プエルトリコ系2世)
▼ラシダ・トレイブ議員(ミシガン13区、パレスチナ系2世)
▼アヤナ・プレスリー議員(マサチューセッツ7区、アフリカ系アメリカ人)
▼イルハン・オマル議員(ミネソタ5区、ソマリア系移民1世)

問題は、彼女らに対する「自分の国へ帰れ」という発言です。まずオマル以外の3人はいずれもアメリカ生まれの市民ですから、「移民」ではありません。プレスリーについては、カテゴリとしては「アメリカ黒人」ですし、AOCの両親の出身地であるプエルトリコもアメリカです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)