徴兵制:変わる韓国、復活するフランス、議論する日本──日本における徴兵制(1)

<2018年、韓国では「良心的兵役拒否」を無罪とし、代替服務制を設けることになった。その一方で2017年、フランスでは徴兵制復活を公約に掲げたマクロン大統領が当選している。世界と日本における徴兵制の動きや議論について、尾原宏之・甲南大学准教授が論じる。論壇誌「アステイオン」90号は「国家の再定義――立憲制130年」特集。同特集の論考「『兵制論』の歴史体験」を4回に分けて全文転載する>

徴兵制──東京・ソウル・パリ

若い友人に、カン・スンジュン君(仮名)という日本在住の韓国人がいる。三五歳になるカン君はとにかく韓国社会に批判的で、酒を飲むと産経新聞顔負けの発言が飛び出す。

一〇代のころ、カン君は韓国での体罰教育に耐えられずイギリスに渡り、そこで長期滞留した。その後どうしたものか東京に流れつき、私立大学の日本史学科に入学する。卒業論文のテーマは、戦前日本の徴兵制である。日本の徴兵制は、韓国徴兵制の祖型と目されることがある。カン君は筋金入りの軍隊嫌いで、どうにかして兵役を免れようと悪戦苦闘していた。卒論テーマの選定はこのことに関係している。

その後カン君は日本人女性と結婚し、そのまま日本で就職した。韓国語、日本語、英語のトリリンガルなので、外資系企業の東京拠点で重宝される。結果として、厳格なことで知られる韓国の徴兵制をすり抜けることに成功しつつある。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)