熱波に見舞われたロンドン、エアコンのない地下鉄は危険な高温に

熱波 英鉄道エアコンなしも

<今週、西ヨーロッパ各地で過去最高気温を観測。エアコンが普及していないイギリスでは鉄道の利用を避けるよう呼びかける鉄道会社も>

穏やかな気候で雨も多いロンドンでは、エアコンはあまり普及していない。しかし今週25日、ロンドンでは7月の過去最高気温38.1度を観測。イギリスではこの一週間、全国的に高温に見舞われ、ロンドンでは通勤客がエアコンの効いた場所に逃げ込んでいる。

ロンドン交通局(TFL)は利用客に水を持ち歩き、地下鉄車内にはあおぐ扇子などを持参するよう呼び掛けている。エアコンが装備されていない地下鉄では、高温が危険なレベルに達する可能性があるためだ。乗換案内アプリ「Citymapper(シティマッパー)」は、新たにエアコンの効いた地下鉄で移動できるルートを紹介する機能を開始した(ロンドン地下鉄でエアコンが装備されている路線は約40%)。市民はこの機能をありがたがっている。


The new ?@Citymapper? feature to show routes with air con is saving my life in this #londonheatwave#productlove #ux pic.twitter.com/FIhxm87f3E— Caroline Stretton (@caroline_stret) July 24, 2019


ツイッターユーザーの@geofftechは今週、エアコンの効いた地下鉄だけの路線図を作成し、ツイッターで共有した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)