トランプの移民摘発でアメリカ人青年まで収容所送り、環境劣悪で体重12キロ減

<劣悪な環境で批判を浴びている不法移民の収容施設に若いアメリカ人兄弟が収容され、それぞれ悲惨な体験をした>

アメリカ人であるにも関わらず、米移民当局の収容施設に3週間以上収容されていた若者が、7月25日に釈放された。

フランシスコ・アーウィン・ガリシア(18)と、彼の釈放を求めて奔走してきた家族は、涙ながらの再会を果たした。

テキサス州ダラス出まれのフランシスコが、弟のマーロン(17)とともに米税関・国境取締局(CBP)の検問所で止められ、身柄を拘束されていたことが明らかになると、全米に衝撃が走った。民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員がCBPを厳しく非難した。「CBPはアメリカ市民の身柄を拘束している」「国境地帯の移民収容施設は、不衛生でひどい悪臭がするため、監視員たちがマスクをしているような場所だというのに」

悪臭がひどいだけではない。フランシスコがダラス・モーニング・ニューズ紙に語ったところによると、拘束されている間に彼の体重は12キロ近く減った。十分な食べ物が与えられなかったからだ。シャワーを浴びることも歯を磨くことも許されず、身体は汚れ肌は乾燥した。


不法移民収容施設に3週間拘束されたアメリカ人、フランシスコ・アーウィン・ガリシア(右は彼の弁護士)

弟は出国同意の書類に署名で釈放

ドナルド・トランプ政権は7月22日、移民当局の権限を大幅に拡大すると発表した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)