米クルーズ大手のロイヤル・カリビアンで性的暴行が横行も 乗組員は見て見ぬふりか

記事まとめ

  • クルーズ船のロイヤル・カリビアンが、少女への性的暴行事件を巡る控訴審で逆転敗訴
  • 被害女性が男たちに大量の酒を飲まされ客室へ連れて行かれるのを乗員は助けようとせず
  • 船内ではこれ以外にも性的暴行が横行していたが、対策を何も講じていなかったという

巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ

<複数男性に泥酔させられレイプされた15歳の少女を保護しなかったとしてクルーズ最大手「ロイヤル・カリビアン」が注意義務違反とされたが、内での性的暴行は珍しいことではない>

フロリダ州マイアミを拠点とするクルーズ最大手の「ロイヤル・カリビアン」は、2015年に同社のクルーズ船で発生した少女に対する集団レイプ事件をめぐる控訴審で、逆転敗訴した。

フロリダの第11巡回区連邦控訴裁判所は7月24日、ロイヤル・カリビアン側に落ち度はなかったとする一審判決を覆す判決を下したのだ。

控訴裁判所は、船内で起きた性的暴行を知らなかったと白を切り通したロイヤル・カリビアンを非難。10代の被害者を適切に保護しなかったのは注意義務違反だと断じた。

ロイヤル・カリビアンのクルーズ船内では、このケース以外にも性的暴行が横行していた。それを知りながら、女性客への注意喚起など安全確保の措置を何も講じていなかったのだ。

<参考記事>放尿にレイプ!? エスカレートするフライト中の暴行事件

未成年の被害女性が「アルコールを大量に飲まされ、暴行を受ける」ことになったのは、ロイヤル・カリビアンのそうした怠慢のせいだ、とした。

乗組員は見て見ぬふり

控訴裁判所は、訴訟の回復を指示したあと、文書で次のように述べている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)