巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ



訴状の中でK.T.は、自分が男性に取り囲まれ飲酒を強要されている場面を、複数の乗務員が見ていたと主張。「未成年がアルコールを飲まされていた」ことを、認識していたはずだと述べた。

あまり表に出ないが、クルーズ船でのレイプ被害は珍しいことではない。2016年〜2019年4月までの間にアメリカ運輸省に報告されたデータによると、クルーズ船内で発生した性的暴行事件は220件に上っている。

(翻訳:ガリレオ)


※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。



カルヤン・クマル

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)