北朝鮮、過去最大級の潜水艦の実力は

<弾道ミサイルの搭載が可能な大型潜水艦を建造したという北朝鮮の発表にアメリカや韓国は戦々恐々>

7月31日に短距離弾道ミサイルの発射実験を行った北朝鮮は、地上発射型の兵器のほかにも、これまでで最大規模の潜水艦を建造している可能性がある。複数のミサイルを搭載し、水中から発射できる。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7月23日、金正恩朝鮮労働党委員長が「新たに建造した潜水艦」の視察を行ったと報道。同潜水艦は「朝鮮半島の東の作戦水域(日本海)で任務を果たす」もので、「近いうちに配備される」と伝えた。新型潜水艦について憶測が飛び交うなか、韓国国防部は7月31日、国会の委員会で非公開のブリーフィングを行った。

<参考記事>北朝鮮の新造潜水艦は新たな脅威なのか

国会情報委員会の李恵薫委員長は記者団に対して、北朝鮮は3000トン級の潜水艦を建造したと主張しているものの、実際の規模はそれをやや下回るようだと説明。それでも、新型潜水艦は北朝鮮がこれまでに建造した中で最大規模のものであり、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を最大3基、搭載できる可能性があると語った。

老朽化が進むソ連製潜水艦の改造型か

韓国聯合ニュースによれば、同国防部はこの新型潜水艦について「(2500トン級の)シンポ型潜水艦よりもやや大きい可能性がある」と分析。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)