祝ウッドストック50周年! 伝説のパフォーマンスを振り返る

<衝撃だったジミヘンのアメリカ国歌に、だるい演奏で観客が寝たグレイトフル・デッド――。3日間のステージを総ざらいで再検証>

あの頃、ベビーブーム世代は若かった。50年前の夏、雨にも負けず3日間、ウッドストックの農場で愛と平和と相互理解を誓った音楽の祭典に、みんなで熱狂したあの頃は。

もっとも、1969年8月15日から17日にかけてニューヨーク州ベセルで開かれたあの壮大な野外フェスティバルに参加できたのは40 万人ほどにすぎない。残りの人は翌年3月に全米で封切られたドキュメンタリー映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の3日間』とそのサウンドトラックで、あの興奮を追体験することになった。

もちろん演奏は素晴らしい。ジョー・コッカー、ザ・フー、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、サンタナ、そしてもちろんジミ・ヘンドリックス。いま聴いても震えが来る。

では映画は? はっきり言って、今さら見る価値はないと思う。泥んこで転げ回る人々や交通渋滞を延々と見せられるのは退屈だし、「LSDには手を出さないで」というアナウンスも一回聞けば十分だ。

それに、なぜか劇場版の映画に収録されなかった素晴らしい演奏もある。そこで本誌は極上のパフォーマンス(とカットされて当然のしょぼいライブ)を求めてディレクターズカット版を全編見直し、インターネット上の映像も探しまくった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)