ブラのストラップで奇跡的に一命を取りとめた女性──NY銃乱射事件

<7月27日にはニューヨークで、28日にはロサンゼルスで、銃乱射事件が相次いで起きている。ニューヨークでは、ブラで一命を取りとめた女性が話題になっている......>

ニューヨーク・ブルックリン区で、7月27日午後11時前、何者かが銃を乱射し、男性1人が死亡した。事件が起きたのは、同区ブラウンズヴィル地区という、市内でもいまだ犯罪率の高いエリアだった。

夏季に屋外で頻繁に開催されている「ブロックパーティー」という、日本の縁日のようなイベントが行われていた市民公園で、土曜日の夜ということもあり、家族づれなど2,000〜3,000人が集まって、食事や芝居などを楽しんでいた。また警官は100人体制で、警備が敷かれている中での出来事だった。2人の犯人がそれぞれ1つずつ拳銃を所持し、事件から1週間以上経過した今も、未だ犯人は見つかっていない。

殺されたのはギャングメンバーだった

報道によると搬送先の病院で死亡が確認されたのは、ギャンググループ「Bloods」のメンバーで、2009年にも銃で撃たれたことがあるがそのときは一命を取りとめたという。また過去に26回の逮捕歴があり。武器の不法所持で3年間服役し、今年1月に刑務所から出てきたばかりだった。

ブラで一命を取りとめた女性被害者

被弾したのはペイガンさんを含む、21歳から 55歳までの男性7人、女性5人、計12人だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)