ビンラディン3人目の息子殺害、アルカイダ「ザワヒリ後」に関心集まる

<ハムザはリーダーシップに乏しいザワヒリに代わるカリスマ後継者と目されていた。戦闘員勧誘や知名度においてISISとの差が一段と開くだろう>

ウサマ・ビンラディンの息子のハムザ・ビンラディンが死亡したらしい──7月31日、米メディアはこのニュースを一斉に報じた。国際テロ組織アルカイダの創設者で同時多発テロの首謀者でもある男を父に持つハムザは、アルカイダの最有力後継者と目されてきた。殺害場所を含め詳細は不明だが、彼の死にアメリカが関与したことを複数の米政府関係者が認めている。

事実なら、このニュースはアルカイダにとって単なる象徴的な人物の死以上の意味を持つ。アルカイダのブランド価値は著しく低下し、戦闘員の勧誘や知名度においてテロ組織ISIS(自称イスラム国)との差が一段と開くだろう。ISISの「国家」崩壊を受けて再びグローバルジハードを主導しようともくろんでいた矢先だけに、戦闘員の士気の低下は免れない。

2011年にビンラディンが殺害されて以降、アルカイダでは長年ナンバー2だったアイマン・アル・ザワヒリが最高指導者を務めている。ハムザは後継者候補としてザワヒリに目をかけられてきた。そんなハムザを米国務省は2017年に国際テロリストに指定し、今年2月には100万ドルの懸賞金をかけた。

2001年の米軍のアフガニスタン侵攻を受けて祖国を逃れたとき、ハムザはまだ少年だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)