サササッと機敏、踏まれてもOK、ゴキブリを模倣した小型ロボットが開発される

<カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、ゴキブリから着想し、速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボットを開発した......>

ゴキブリは、硬くて丈夫な表皮に覆われており、発達した脚によって速く走れ、扁平な形状ゆえ狭い場所に潜みやすい。このようなゴキブリの特徴を模倣した小型ロボットが開発された。

速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボット

米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、2019年7月31日、学術雑誌「サイエンス・ロボティックス」において、「ゴキブリから着想し、速く移動する耐久性の高い昆虫サイズのソフトロボットを開発した」との研究論文を発表した。

このロボットは、長さ3センチ、幅1.5センチの長方形で、重さはわずか0.064グラム。1秒間に体長の20倍の距離を移動する。この速度は、ゴキブリの移動速度と同等で、昆虫サイズのソフトロボットとしては史上最速だ。傾斜を上ったり、自重の6倍の重さのものを運んだりでき、自重のおよそ100万倍に相当する59.5キロの成人に踏まれても壊れなかった。

Stephen McNally/UC Berkeley

災害時、救助隊員や救助犬が立ち入れない場所に

小型ロボットは、地震などの災害時、救助隊員や災害救助犬が立ち入ることのできない場所に導入できることから、捜索活動にも役立つと期待が寄せられている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)