銃乱射を同性愛のせいにするアメリカの懲りない白人至上主義者

<銃乱射は「伝統的な家族の崩壊のせい」即ち「同性愛やトランスジェンダーのせい」と言った議員に同じ共和党からも辞任を求める声が>

オハイオ州のキャンディス・ケラー下院議員(共和党)に対して、辞任を求める声が高まっている。同州デイトンで8月4日未明に起きた銃乱射事件に関して、「同性婚」や「娯楽用大麻」を認めたせいだ、とフェイスブックに投稿したのだ。

この銃乱射事件では、9人の死者が出た。デイトンから50キロほど南西にあるバトラー郡選出の州下院議員であるケラーは、この事件が起きた原因として、「正当な手続きを経て選ばれた大統領を受け入れられない愚かな左翼の連中」や「神の大切さを全く認めない」文化など、さまざまな要素を挙げた。

ケラーはシンシナティ・エンクワイアラー紙の取材に対し、自分の投稿だと認めた。今は削除されたこの投稿の中で、ケラーは「伝統的なアメリカ的家庭の崩壊」を嘆き、それを「トランスジェンダー、同性婚、ドラァグクイーン」のせいにした。

GOP Rep. Candice Keller said on FB that blame for the Dayton shootings result from breakdown of the traditional family, gay marriage, video games, professional athletes who protest the American flag, recreational marijuana & "snowflakes, who can't accept a duly-elected President pic.twitter.com/kFtPc5vuO4— Stone (@stonecold2050) August 5, 2019
ケラー議員(写真)の辞任を求めるツイート


デイトンでの銃乱射事件の前日には、テキサス州エルパソのウォルマートの店舗でも銃乱射事件が起き、少なくとも22名が死亡した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)